株式会社愛知環境技術センター
Aichi Environmental Technical Center Co.,Ltd.
サイトマップ お問い合せ
Home
水質分析
飲料水水質検査
作業環境測定
騒音・振動測定
大気測定
悪臭物質測定
土壌汚染調査
廃棄物検査
シックハウス測定
飲料水水質検査
飲料水水質検査の概要

安全な水道水とは、水道法の水質基準を満たす給水栓水のことです。常に衛生的で安全で、正常な状態を保ちながら、利用上の支障が生じないレベルに設定されたものが水質基準です。水道法水質基準に基づく試験、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)に基づく水質検査など、様々な水質検査に対応致します。

ビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)により多数の人が使用又は利用する建築物を「特定建築物」として、その維持管理について定められています。


特定建築物 
 床面積  3,000m2以上
 用途  @興行場・百貨店・集会場・図書館・博物館・美術館・遊技場
 A店舗・事務所
 B学校教育法第1条に規定する学校以外の学校
  (学校教育法第一条二規定する学校は8,000m2以上)
 C旅館


基準値等
                                                平成26年4月1日現在
番号 検査項目    基準値  水道水  ビル管理法   
飲料水 定期検査 消毒副生成物(6月〜9月) 有機化学物質
給水開始前  月1回  6ヶ月に1回  年1回 3年に1回 
  51項目  9項目 16項目 11項目 12項目  7項目 
1  一般細菌  100 個/ml  ○  ○    
2  大腸菌  検出されないこと  ○  ○    
 3  カドミウム及びその化合物  0.003 mg/l以下          
 4  水銀及びその化合物  0.0005 mg/l以下          
 5  セレン及びその化合物  0.01 mg/l以下          
 6  鉛及びその化合物  0.01 mg/l以下    ●      
 7  ヒ素及びその化合物  0.01 mg/l以下          
 8  六価クロム化合物  0.05 mg/l以下          
 9 亜硝酸態窒素  0.04 mg/l以下    ○    
 10  シアン化物イオン及び塩化シアン  0.01 mg/l以下        ○  
 11  硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素  10 mg/l以下    ○  ○    
 12  フッ素及びその化合物  0.8 mg/l以下          
 13  ホウ素及びその化合物  1.0 mg/l以下          
 14  四塩化炭素  0.002 mg/l以下          △
 15  1,4-ジオキサン  0.05 mg/l以下          
 16  シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス1,2-ジクロロエチレン  0.04 mg/l以下          △
 17  ジクロロメタン  0.02 mg/l以下          △
 18  テトラクロロエチレン  0.01 mg/l以下          △
 19  トリクロロエチレン  0.03 mg/l以下          △
 20  ベンゼン  0.01 mg/l以下          △
 21  塩素酸  0.6 mg/l以下        ○  
 22  クロロ酢酸  0.02 mg/l以下        ○  
 23  クロロホルム  0.06 mg/l以下        ○  
 24  ジクロロ酢酸  0.04 mg/l以下        ○  
 25  ジブロモクロロメタン  0.1 mg/l以下        ○  
 26  臭素酸  0.01 mg/l以下        ○  
 27  総トリハロメタン  0.1 mg/l以下        ○  
 28  トリクロロ酢酸  0.2 mg/l以下        ○  
 29  ブロモジクロロメタン  0.03 mg/l以下        ○  
 30  ブロモホルム  0.09 mg/l以下        ○  
 31  ホルムアルデヒド  0.08 mg/l以下        ○  
 32  亜鉛及びその化合物  1.0 mg/l以下    ●      
 33  アルミニウム及びその化合物  0.2 mg/l以下          
 34  鉄及びその化合物  0.3 mg/l以下    ●      
 35  銅及びその化合物  1.0 mg/l以下    ●      
 36  ナトリウム及びその化合物  200 mg/l以下          
 37  マンガン及びその化合物  0.05 mg/l以下          
 38  塩化物イオン  200 mg/l以下  ○  ○  ○     
 39  カルシウム、マグネシウム等(硬度)  300 mg/l以下          
 40  蒸発残留物  500 mg/l以下    ●      
 41  陰イオン界面活性剤  0.2 mg/l以下          
 42  ジェオスミン  0.00001 mg/l以下          
 43  2-メチルイソボルネオール  0.00001 mg/l以下          
 44  非イオン界面活性剤  0.02 mg/l以下          
 45  フェノール類  0.005 mg/l以下          △
 46  有機物(全有機炭素(TOC)の量)  3 mg/l以下  ○  ○  ○    
 47  PH値  5.8以上8.6以下  ○  ○  ○    
 48  味  異常でないこと  ○  ○  ○    
 49  臭気  異常でないこと  ○  ○  ○    
 50  色度  5度以下  ○  ○  ○    
 51  濁度  2度以下  ○  ○  ○    
注1 ●のついた項目については、水質検査結果が基準に適していた場合は、次回に限り省略可。
注2 △のついた項目については、地下水その他の水(水道水又は専用水道から供給を受ける水のみを水源としている水は除く)を水源の全部又は一部としている場合は3年に1回

[ 検査項目・基準値・検査頻度 ダウンロード ]  
 ・水質基準に関する省令で定める水質検査項目(51項目)と基準値 平成26年4月1日施行  
 ・特定建築物における飲用水水質検査項目 平成26年4月1日施行  

主な分析機器

原子吸光分析装置
ICP発光分光分析装置
 
ヘッドスペース-ガスクロマトグラフ質量分析装置

 イオン分析計

関係法規等

○水道法
○建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)

Copyright(C) 2009 Aichi Environmental Technical Center Co.,Ltd. All Rights Reserved.